テナントチェッカーサービスのご案内


サービスの概要

現在、一部の店舗・事業者様は、自社顧客が倉敷市営駐車場をご利用の場合、サービスとして利用料金の一部または全部を負担するために回数駐車券を当社より購入し、自社顧客にお配りしているかと思います。
今回開始するTCを利用した新サービスは、店舗・事業者様がTCという機器を使用し、自社顧客の駐車券に、店舗・事業者様が負担する情報(時間又は金額)を記録し、自社顧客がその駐車券で精算することにより、利用料金の一部または全部を負担できるようにするものです。


TCの説明と操作方法

TCとは下記の写真の機器で、駐車券を挿入すると、あらかじめ設定した、店舗・事業者様が負担する情報(時間又は金額)を駐車券に記録する機器です。
操作方法は、下図の矢印の所へ駐車券を挿入するだけです。情報を記録した後、駐車券が排出されます。処理後は③のように「割引A」の文字が印字され、処理の有無を判別できます。「割引A」のAの部分は変更できます。

①駐車券を挿入            ②情報を記録し排出           ③ 割引A が印字テナントチェッカー(TC)


TC導入のメリット

1、回数駐車券の管理(購入、在庫管理等)にかかるコストを削減できます。
2、ご負担いただく駐車場利用料金は振込みによる後払いになるため回数駐車券のように現金を用意し購入する必要もありません。
3、利用した時間分だけの請求になりますので無駄がありません。
(例:2時間分の負担処理をしても利用者が1時間で出庫した場合は1時間分の請求になります。)
4、駐車場利用者にとっても負担時間・金額内であれば駐車券1枚で精算完了になり、回数駐車券のように複数枚投入する必要が無くなるため利便性が向上します。


TC導入のデメリット

1、機器購入費用ならびに料金精算機への設定費用の初期投資が必要になります。
2、定期的にTCのメンテナンスが必要になります。


TCを導入するための条件

TCを導入希望の店舗・事業者ならびに個人の方は、当社とテナントチェッカー利用契約を結んでいただき、当社指定のTCを購入していただく必要があります。さらにご利用希望の駐車場ごとにかかる料金精算機への設定費用をご負担していただく必要があります。詳細は、テナントチェッカー利用規約をご参照ください。


駐車場利用料金の負担について

店舗・事業者様が負担する利用料金の負担方法については全額分、一定金額分、全日分、一定時間分の4種類の負担方法から選択できます。


駐車場利用料金の支払い等について

店舗・事業者様が負担する利用料金の計算は、TC処理をされた駐車券を料金精算機で精算する都度当社のコンピューターに記録され、それを1ヶ月間毎に集計します。それに回数駐車券と同等の※割引率(5000/6000)をかけたものが当社にお支払いいただく駐車場利用料金の負担額になります。詳細はテナントチェッカー利用規約をご参照ください。
※回数駐車券は、販売額5,000円で6,000円分利用できるものが販売の大多数を占め、割引率もこれが最大のためこの割引率をTCにも適用します。


その他

上記以外の項目につきましてはテナントチェッカー利用規約をご参照ください。


ご不明な点はお問い合わせください。
倉敷まちづくり株式会社
担当 河合
TEL:086-422-2249

事業内容
Service